-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-12-17 09:09 | カテゴリ:1/72 F-14 空母ジオラマ
どもども~♪
船つながりで前回の赤城の記事を挟見ましたが
空母の続きでございます。

Vol.2の記事に書いたとうり
海面の製作記事でございます。

誌面でも少し書いてありますが少し
補足を含めて書いていきます。

DSC06735.jpg

下地です。下スチレンボードをつかっています。
そこにクリアカラーのブルー、グリーンで着色して
いきます。

そうしたら、
シボ加工された薄水色のPPのボードが100均で売っているので
それをベースの縁にあわせて貼りつけます。
その時接着剤はPPがくっつくものを使います。
DSC06742.jpg
で、
モデリングウォーターで基本となる海面を作ってみました。
今回はあんまり使った事ないモデリングウォーターを
使ってみましたが、良いんでないの。とおもいましたが
結構なサイズの広さがあるのでコスパ的にちょっと
よろしくないかと思います^^;
小さい所で使った方が良いですね。
後、これは、乾燥が多少進んでから弄ると
水の流れ等が表現できるので使い方次第では
良い感じです。硬化時間は温度や湿度に左右されるので
あえて書きませんが、気になるかたはやってみて体感してね♪
モデンリングウォーターで検索すると出てくると
思います。アマゾンとかにもあります。

DSC06743.jpg

↑これが赤城でもつかったジェルメディユウムで海面の
波をつくったところです。海面の乾燥前の画像です。
ここで、なんで赤城の記事を挟んだかというと海面の製作
が大きさこそ違えど、ほとんどやっている事は同じです!


で完成です!、、、という画像が欲しいところですが
作品はまだ編集部から帰ってきていないの、後日
この記事に追記します。

とま~こんな感じで、空母を製作しました。誌面で掲載して
あり、記事も載っているので、かなり簡単には書きましたが
実際に脳内&資料による平面作業、
その後の手を動かす実作業とかなり手間取りましたが
何とか形になりました。今年一番の難題でしたね。

撮影上の大きさ制限や製作期間、←それを纏め
撮影した時の事を考えつつ構図等を考えるので
なかなか久しぶりに苦労した作品でした。

主役となるf-14トムキャットは非常に製作しやすく
楽しかったです。流石ファインモールドさん!!
良い仕事してます。
別のバージョンでやりたい事
が幾つかあるので、もう何回か作りたいですね。

と3回に分けて記事を書いてきましたが
戻ってきたら、やはり情景カメラマンwとしては
自分でかっちょ良い写真を撮りたいですね(^-^)

という処で今日はおしまいです。
次回は製作等含めて公開していないジオラマの記事を
少し公開して行こうかと思っております。

今年もあと少しですが今年作ったものなので
なんとか記事を書きたいと思います!

スポンサーサイト
2015-12-12 08:30 | カテゴリ:赤城 小さな海の一幕
前回の続き

といっても今日は完成写真です。

青空をバックに外でいつものように野外撮影です。
今回は天気の良い日で撮影していますが、雨の日でも
このジオラマだと面白い写真が撮れるかと
思います。また天気と私の時間の都合が合えば
撮影したいと思います。

では、早速行きましょう!

14496320710.jpeg
定番の指との比較です。
このキットと情景がどのくらいのサイズかが
分かるかと思います。

【進撃の赤城 ~時代の海の逝くへ~】
14496320520.jpeg
前からの1枚。

14496320360.jpeg
横からの1枚。

14496321000.jpeg
こちらはバックからの1枚。

14496319780.jpeg

14496321320.jpeg
上面の1枚

14498770780.jpeg


SDながら塗装と、海面をしっかり作った事で
意外と良い雰囲気になったんじゃないかなと
思います。
基本的にはSNSで見ている方もいるとは
思いますが、ブログのみここへ見に来て頂いている方も
いますので掲載しましたが、どうだったでしょうか?
ジオラマの楽しみ方として作る事も1つですが
しっかりと作ったものは撮影も楽しみの1つです。

さてここで本来なら終了で終わるんですが、
前の記事にも書きましたが夜用ギミック!が
あります。先日の記事でアルミ箔を貼った
ベースの内部の写真があったと思いますが
あれは上記↑の写真でも海面の様子の
表現すのに発揮されていますが、実はそれだけでは
ないんです!!




どんな事になっているのかと言うと、、、





↓実際に見て頂きましょう~♪
DSC06745.jpg
海を光らせていました。
まず工作の説明を少し書きます。
先日の記事にあった赤城のの下面部分を
海面に載せた(銀がみが見えている写真)があっと
思いますが、あの状態で赤城の下の部分をくり抜きます。

そして本体の窓の部分を開口します。ピンバイスで
(0.5mmほどの穴です)
それにより下からの光を1つ入れると海が光り
赤城の窓も光、一石二鳥なんです。

で、いつもどうりなら電飾を施していますが
最初の記事にも書きましたが時間がありません。
その中で工作していますし、何よりベースは海面の表現
に最大限使う為に透明度を活かしているので、ベースの中に
配線があったり、電池ボックスがあったりしたらダメなんですね~。
でも光らせたい!、
(というのも、このジオラマはサイズ的にも手ごろで部屋に飾って
インテリアの一部として飾って楽しもうと思っていましたので
間接照明的に使いたかったのです^^)
話をもどして、
という事で超お手軽な方法でしかも
1アイテムで解決す方法が必要なんです。
で、良い物がありました!
それはこの記事の最後にお見せしますので
ここから少しだけ光の海を見てください。

DSC06747.jpg

DSC06762.jpg
横から見ると雰囲気があって
夜の海を連想させます。

DSC06758.jpg

DSC06756 (1)

DSC06760.jpg

DSC06766.jpg
上面は遮光はしていません。
良い感じで光が漏れるので夜
ひっそりと光らせてお酒を楽しむ時に
ちょうど良い明るさがあり良い感じです。

記事も以上になりますが、いかがだったでしょうか?
お手軽ではありますが、楽しめる物が出来ました。
今回は家で飾って楽しむという部分が自分的には
重要な部分でしたので、そこの部分では昼間、
夜ともにどちらも楽しめるものが出来、個人的には
満足なものになりました~♪

さて、先ほどのアイテムですが
これも100均アイテムです^^

14498758150.jpeg

これをコルクボードになっている
下部分を赤城の真下に穴を開けて
このLEDライトが入るぎりぎりで開けると
そのクリアランスで固定できます。
電池交換が必要なんので接着はしません。
下面部分なので取れたりする事は無いので
安心です^^

電飾も慣れれば簡単で楽しいですが、イマイチ
手が出ない、という人もいると思うので
こういった光らせる簡単な作りで光を入れた
作品作りなんてのも良いと思います。
なんせ、100均で買ってきて入れるだけ
超簡単です。


という処で今日はおしまいです。
2015-12-10 14:51 | カテゴリ:赤城 小さな海の一幕
どもども~連続更新です。
14496320360.jpeg


↑昨日の続きになります。
昨日の更新では1日目の作業を
書きましたので今日は最終日の2日目を
書いていきます。

1日目で先に工作と塗装をしておいたベースが
出来上がっているのでそれに海面を作っていきたいと
思います。
14496318140.jpeg
↑写真を見てもらうと分かると思いますが
透明な板をベースの上に載せ、そこに赤城の
下面を置いて配置を検討します。

その後、赤城の下面のあたる部分をくり抜き
はめ込めるようにします。


14497236200.jpeg
透明な板も身近なもので作ります。
ここも100均の下敷きです。

位置等決まったら、サイズに合わせてカット。

おっと、、、その前に下のアルミはくが気になりますよね~
これは乱反射させるために貼っています。
自然光やライティング等光が当たると海面が綺麗に発色します。
そして夜バージョンのギミックの為にも使います。

ここまできたら後は下敷きで作った海面の接着をしますが
その前にクリアブルーとクリアグリーンを吹きます。
クリアグリーンは少なめです。

14496318540.jpeg
ちょっと画像では塗装後の赤城が海面にのっていますが
下面のみ塗装して(赤い部分)海面に接着します。
その後、
リキテックスのジェルメデュウムで波を作ります。
最初は白ですが、時間がたてば透明になります。
この作業も乾燥時間がかかりますので最初に行います。

これが乾燥待つ時間に赤城の本体の塗装に移ります。
であらかた終わったらエナメルのブラウンやジャーマングレー、
ブラック、ホワイトを混色したものでウェザリングします。
ウェザリングも乾燥したら艶消し吹いてコートしたら
海面と合体です!
ですが、塗装時間は纏めて2時間位なので
まだ乾燥は終わってませんのでもう少し待って
ある程度乾燥が進んだら、次は波がしらを
作ります。

14496318360.jpeg
上の画像だとジェルメデュウム
を付けたばかりで白いので
それらしく見えていますが、乾燥すると透明になり
そのままでは波の動きや船が進んでる様子が
まるで解りません。なので波がしらを作っていきます。

アクリルの白で塗るろいう方法もありますが、
なんせ波が半がわき^^;
なので、モーンリのスノーパウダーを使って白い
波がしらを作っていきます。半がわきなので振りかけて筆で
少しいじると混ざります。なんせ、ラストの日なのでここで
完成させないと展示に持っていけないという状況ですので
ちょっと強引に製作してます。

たぶん本来なら乾燥待ってから、ジェルメデュウムとスノーパウダー
を混ぜて使用すればいいのですが、今回は時間が無いので
半がわきの波を利用します。(かなり多めに盛りつけているので
乾燥がかなり遅いです)ですので、この作業がやりやすかったりしますが
失敗すると透明じゃなきゃいけない部分も白くなるのでご注意です。

14496321680.jpeg
で乾燥すれば出来上がりなんですが、
それだけではつまらないので、付属零戦を
製作します。プロペラは0.2mmのぷらばんで回転状態を作り
塗装して飛んでる所を作ります。
接続は水しぶきを利用しています。

と、これで製作のすべてになります。

どうだったでしょうか?2日という短い気もする期間
ですが面白い物がつくれたんじゃないかな~、と
思います。

皆さんが気になる部分は書きましたが、
今一度纏めると
●材料
 100均のコルクボード、板、下敷き、アルミ箔(銀紙)
 ジェルメデュウム、スノーパウウダー
を使っています。
100均物ばかりですが^^;家にある材料で何とかなります。
下敷きは、、、ちょっと後で困ってしまうので、また100均で買ってきましたが(笑)
製作のポイントは乾燥時間を考慮して何を先に製作するかです。
それさえ間違わなければ2日あれば十分作れるかと思います。
がっつり作るのも良いですがたまにはこういったお手軽な模型も
楽しくて良いですね♪
ちなみに、画材店等で手に入るジェルメデュウムや模型店(ボークスやさかつう)さん
等の専門店でスノーパウダーは手に入ります。値段はどちらも300~500位で
手に入るものです。

最近はジオラマの作り方やワークショップのお問い合わせが
増えてきましたが、身近にあるもので工作することから始めてみてはいかがでしょうか?
ジオラマ作るには、これが無きゃ!というのは無く、作りたいものにもよりますが
それなりに安価な物でもなんとかなるものです。

あ!もちろん、ワークショップ等は開催しますよ!
やはりきっかけは重要ですし、大勢で
作る楽しさは1人で作るのとはまた違って別格で、いろいろ参考になる
情報共有できたり、友達増やしたりといろいろメリットがあるので
ちゃんとやります。1月のどこかの日曜日開催をしようと思います。
場所は浜松市の科学館を予定しています。

ちょっと長くなってきたので、今日はここまでです。
明日完成写真等を掲載しますのでまだ見たこと無い人は
お楽しみに~~~~♪
2015-12-09 12:02 | カテゴリ:赤城 小さな海の一幕
こんにちは

今年もあと少しで終わってしまいますね~
なんかあっという間な感じでした^^;
でも振り返ると月1のペースで作っていた
ので今年は12作品です。
現在製作中が2つで今年中に
納品するのでそれも合わせて12作品
です。今年もいろいろ作ったな~と
かたずけ(大掃除の前準備)をしていると
ふといろいろ思い出してしまいますね。

そして手が止まりかたずけが、、、(汗

と干渉にふけっているとあっという間に
年末まっただ中で、バタバタと大慌てしそうなんで
そこら辺はまた後日画像と一緒に
今年を振り返りたいと思いますが

14496320520.jpeg


今日はプライベート製作の↑ちょっとした
ジオラマの製作を書いていこうかと思います。
というのもこちらの作品フェイスブック(FB)でも160件ものシェア
をして頂いたり、左のメールフォームからお問い合わせが
結構あり、何を使っているのか?どうやって2日間で
製作したのか?、水表現は?等々いろいろ来ていて
気ついていたら60件以上もありまして、個別にお返事
するのが、時間的に厳しいので(1人でお返事返していますので)
ブログにて記事を書いてお返事にさせて頂きますm(__)m


さてここから製作記です。

まず最初にこちらの作品はイベント用に製作でしたので
展示スペースの規定内で作らないといけないので
ベースの大きさが15cm×30cmです。
製作期間ですが、2日しかなかったので2日間です。
(体調不良、お仕事等、、、)
製作する題材がデフォルメ(SD)ですので今回は
ミニチュアの赤城にしました。というのもベースサイズを
最大限に使って製作しようとするとかなり縦長なサイズで
すので、その縦長を活かしみました。(時間的に悩んでる
暇が無かったというのは内緒です(笑))

と、作るもの、製作の方向性が決まりましたら
時間が限られているので、効率良く行きます。

14496319580.jpeg
身近にあるものを利用して行きます。
家にあるもので使えそうなものが100均のコルクボードと
100均の端材の木がありましたので、こちらを使いました。

14496317810.jpeg
乾燥時間のかかるベースの塗装、製作(ニス、木工ボンド)は最初に
やってしまいます。普段であれば作品の大きさに左右される
ベースですが今回はベースの大きさが決まっているので
作ります。1日の最初の工作ですね。

そして↑乾燥を待っている間に、船(赤城)を作っていきます。
14496315650.jpeg
今回エッチングも使用していますが、素組するのと
大差ないほどお手軽です。それに、この模型自体が
小さいので、エッチングパーツもお安く&精度の高い物に
なるのでオススメです。miniatureといえど丁寧に
作ってあげればなかなかの物が出来ると思いますよ!

14496317330.jpeg
音楽を聴きながら製作しているとあっという間に
本体がほぼ出来上がってきてテンションも上がってきます!
形が見えてくるとやはりたのしいですね~♪
指との比較ですが本当に細かい!
作ってる時はあまり気にならなかったのですが
こうして写真をみると細かいな~と実感。

14496317490.jpeg
さてそんでもって塗装の前段階まで
完成です。

と、いうとろで1日目が終了です。
2015-12-02 14:17 | カテゴリ:1/72 F-14 空母ジオラマ
12月だというのに日中は温かくて過ごしやすい
浜松です。こんにちは。

さて本日は前起きなく行こうとおもいます。
昨日書きました製作記の続きです。
一応念のため書いておきますが
この記事は
1月号モデルグラフィックス掲載のジオラマの補足です
ですので完成写真等々は誌面をご覧ください。


昨日少し書きましたが工程の
最初に資料、、、といっても
ネットの画像だったり、動画だったりしますので
そこから縮尺を考えなければなりません。
目安になる一緒に写ってる人との比較だったり、
機体(戦闘機)だったりします。それらを幾つか
検討しスケールを割り出します。

それが出来ましたら作業開始です!
(ここまでが、恐ろしく長いんです^^;)

CUyVDQlVAAAWO1Y.jpg
↑これは先日も載せましたが下から見たエレベーター部。
最初にエレベーターから行きます。

DSC06663.jpg

いきなりですが裏側です。
このエレベーター部分の基本となるのも
100均のカラーボード厚みは3mmのもを使用しています。
100均のボードを今回多用します。
理由としては
軽く作る為、コスパが良い為、工作のし易さ等です。
今回のジオラマは1/72といえど大きいので
重量というのは重要です。特にこのエレベーターは
本体からのワイヤーで接続だったりするので強度の確保
やバランスとりの為にも大切な事だったりします。

コスパで行くと今回はそれでも恐ろしくお金かかりました^^;
プラ材が年々高くなるんで工夫はするんですが
精度の問題もあるので安価な物をひたすら使うというのも
なかなか難しんですよね←(作例なので)
で、
形が出来たら0.5と0.3のプラバンを貼っていきます。
下の柱は0.5で周囲の外装は0.3です。
基本的にここまで作り込んでも下に海面があるので
少しだけしか見えません。
(ここは完全に自己満足な部分ですね)←個人的に重要(笑)


そしてあらからエレベーターの工作が終わりましたら
DSC06724.jpg
本体部分です。

格納庫の内側の壁が黄色なのがきずくかと
思いますがカラーボドです^^;
カラーボードなんで白が売り切れていたりすると
色付きになったりもしますが塗装したり
プラバン貼ったりするのでOKです。

基本的は図面を元にカラーボードを貼り合わせ
その後にプラバンを貼るのですが内部や外壁形状
がいろいろややこしくなってくるので場所によっては
表面のプラバンの厚みを変えるだけではなく
実際の家と一緒で中に芯を入れます。
主に5mmのプラ棒(角)やプラバンの積層で作った
柱です。
そこに重量のかかるものを止めたりします。

自分は構造物を作る事が多いので建築書
等を見たりするんですが、これが意外と
使えます。模型でも利用できる部分や構造の
仕組み等参考になります。

DSC06734.jpg
横から見た処です。
少しずつパイピングやディテールを増やしていきます。
その際に裏側はふたを最後に取り付けれるようにし、
撮影での事を考慮したり、工作がやり易いように
しています。
中のパイピング等は全てプラモデルのランナーを
使っています。ランラーってプラモデル作り終わったら
大概捨ててしまうと思うんですが意外と使えたりします。
今の金型は精度が良くプラ棒ととして使ったり
見えない部分での軸内につかったり、工作での
ディテールに使ったりとプラモデルにもよりますが
使えるものが多いですね。

DSC06737.jpg

甲板上のアスファルトです。
甲板所には無数の穴が開いています。その穴の
中は、今回自分が製作したのは十字の物です。

でここでは、プラバンが薄手だと穴あけ加工し
十字を入れると中の奥行きがイマイチなんで1.2mm厚の
ものを使っています。
まず他と同じようにボードの上にプラバンを貼り
その後に開口し後塗装という手順ですが地面が
アスファルト上なんで、
ここで本来ならアスファルト表現に使ったりする
サンドペーパーを貼りたいところなんですが開口し
その中に十字の形状を再現しなくてはいけないので
イマイチ精度がよろしくなかったんで今回は
以下のもので塗装しました!↓
DSC06739.jpg

サフは1000のグレーとブラックのサフを混色しそこにすこしだけ
コバルトブルーを入れて色を作りそこに
100均のセメントを混ぜて塗ります。
そうするとなかなか良い感じの表面が出来上がりました。
前面塗装が終わったら、次は開口した部分が白く
塗り分けなければならないので適当に白を開口した
部分に吹きその後マスキングです。

DSC06740.jpg

こんな感じで●のマスキングを作ります。
そしたら貼って塗装ですが、先ほど凹凸のある地面が
既に出来上がったいるので色のみが表現できればいいので
最初に作った色をセメントの混ぜていないもので吹いています。
その後Mr.ウェザリング塗料で表情を付けてあげれば甲板は完成です。

次回はベースの海(海面)を少し書いていきます。


後、先月、先々月とバタバタしたり、体調を
崩したりと遅くなりましたが
来年1月に4回目のワークショップ開催します!
詳細は別途専用ブログにて記載すので
ツイッターやこちらのブログでお知らせするので
また一緒にプラモやジオラマ等のものつくり
を楽しみましょう

お問い合わせいただいた皆様ありがとうございます。
2015-12-01 08:25 | カテゴリ:1/72 F-14 空母ジオラマ
お久しぶりです。
今年の半ばから調子がヤバかったのですが10、11月は忙しかったりで
ついに体調を崩し入退院したりしていて
更新が出来ずじまいでした。
やっと仕事も一段落し、体調もかなり回復してきました。
だんだん寒さも増してきて風邪も引きやすくなってきているので
ここからは、例年以上に気をつけないといけないな~と^^;

さて久しぶりに告知です。長く製作していた1/72空母のジオラマ
が1月号(今月)にて掲載されました!
主役となるのはモデグラに付属したF-14のトムキャットです。

CUvPmxoUcAIp1D0.jpg

で久しぶりに、少し製作記をこちらでも
少し書ききれな方部分を書いていこうと思います。
●まずトムキャットから。
 
DSC06615.jpg

DSC06619.jpg
コクピットはキットのモールド&デカールを活かしてデカールをマークソフターで
軟化させてモールドにフィットさせています。1/72だとこれだけでも凄く
良い感じになります♪
CU8HAeYVEAAq0no.jpg
機体の表面は筆で基本塗装して(光沢の状態)にしてから
デカールを貼ってからタミヤのエナメルでウォシングしたり、
筆で叩いたりと表情を付けて行きます。
使用したのはブラウン、ジャーマングレー、ブラック、ピンクを混色
して使用しています。この4色の濃度を調整する事で場所によって
色合いを変化させてウェザリングしました。
この作業には↓の本を参考にしています。
ダウンロード



お次は舞台となる空母のエレベーター
こちらは下から見たエレベーター部
CUyVDQlVAAAWO1Y.jpg

空母の製作ですが、基本的には骨組みとして中身は100均のカラーボードで製作し
その上にプラバンを貼っています。

製作の手順ですが、今回は資料を集めるところからスタート。
ここが一番大変な部分でネットで動画や海外のサイトで写真があったりと
コツコツと集めましたが、それでもやはり死角となる部分はあるので
そこは、近しい空母のものを探したり、参考になるものを基に
製作しました。
製作工程
今回は流石にscaleの縮尺もあるので図面を引いています。

それを元にカラーボードを切り出し

切り出した物を貼り合わせます。
エレベーターの方は最初からプラバンを切り出して
行きます。

本体の方は0.5mmプラバンを貼りつけて行きます。
甲板となる上面はフックが引っ掛かる為の穴があるので
ここは1mmプラバンを貼ります。(穴の中には十字の形状を
作らなければならないので)

上記の工作に連動して内部の天井のパイピング等の
工作をしていきます。

甲板に穴あけて十字をつくり埋め込んでいきます。

あらかた工作が終わったら塗装

エレベーターと本体を
合体させます。

ベースの製作

ベースと本体を合体させます。

その後海を作っていき終了です。


と簡単に手順をというか、流れを書きました。
やることが多い製作物の場合自分は上記の様な工程表を
作ります。(実際はもっと細かいいんですが)
そうすると効率よく製作できるというのと、やり忘れや
製作上後で作業しずらい等の不手際を防ぐためです。
効率は作業する上でモチベーションを保って製作するには
必要なんで自分は手のかかる大物は工程表を作ります。

というところで
今日はおしまいです。

次回は空母の製作途中写真を掲載して
解説の続きを書いていきたいと思います。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。