-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-08-21 00:49 | カテゴリ:1/48零戦ジオラマ~憂い~
ども~~~♪

さ~~浜松ジオラマグランプリが今週末開催です!!
今回も凄い作品がメジロウシですので是非!お越しくださいね^^

今回よりファクトリーで開催されます。22~24日
の間は入場無料ですので来てみてはいかがでしょう♪
もちろん私は会場にいますよ~。
仕事はお休みしてボランティアに徹しますのでもしお越しの際は
お気軽にお声おかけくださいね^^


さてそんな忙しい毎日ですが、今日は前々回の続き
1/48 零戦の 格納庫のジオラマ外壁(スレート編です)

今回作った外壁はこちら↓
DSC00410.jpg
プラクトラクスというメーカーから出ている波板を
アルミのお皿(100均で売ってる物)でエンボス加工して使います。
何故そのまま板を使わんないのか?それは、
凸凹間を表現することで古さや寂れた感を出し、このジオラマの
テーマでもある、寂しさや悲しげな雰囲気を出す為です。

ですが本当はスレートなので曲がるという事はないので
凸凹した感じはリアル的に考えると嘘です。
ですが、模型というものの表現として考えた時リアルよりも
伝わりやすい雰囲気やエンターテイーメントとして
その方が重要だと自分は考えたからです。
何でもかんでもリアルだけが正解ではなく、観た人がカッコイイ
と思ったり楽しんでもらえる事が重要だと思ってます。
(あくまで自分はです^^;)
ここはモデラーの数だけ考え方があるので、皆さんの
思うとうりに作るのが一番です。そして楽しいというのが
あれば最高ですね♪

DSC00404.jpg
さて、話を戻して、こちらが作ったスレート(トタンとは違うよ^^)
ウィキなどで調べてね(汗ww
スレートの表現に、溶きパテで鎮造表現の様にテクスチャー
を付けます。その後塗装ですね。
屋根に乗せた状態で大きさや形状的に合っているか
をチェックします。
当然スレートを接着して屋根を作る前に図っておき
屋根を作っています。めんどくさいですが、これを
やっておかないといざくっ付けようとしたら、ゆがんでたり
してまたやり直ししたり凄く大変な事になるんで^^;

DSC00403.jpg
裏側ですねどうですか?
なんかこれだけでも雰囲気が出て来ている
気がしません?w
まだここから、ウェザリング等をしますが、あくまで
組み立ての段階なので、このまま次へ進みます。
ここも外壁の波板は最初に大きさや位置など測っておきます。
↑結構重要なんでもう1回書きますww

DSC00437.jpg
横側ですね。
屋根もそうですが、接着には、ゼリー状の瞬着を使ってます。
接着前に骨組みにアルテコを吹いておきます。
そうすることで本当に瞬間的にくっつくので楽です。

ついでに金属の支えを付けます。これは
アルミの2mm棒を使ってます。

DSC00433.jpg
大まかに全体に外壁が付き、プラバンで枠が出来
形が出来てきました。
ここまでくれば後は塗装に入ります。
次号に続きを書くのですが、途中写真が無いかもwww
という状況ですが完成品をを見つつ説明はしようかと
思ってます(`・ω・́)ゝ



さてさて、ざ~~~~っと説明を
書きながら画像を載せたんですが少しでも参考になれば
幸いです^^
自分は感性の赴くままガーーーーっと作って
バーーーーーっと塗ってというようなモデラーなので
説明が下手なんですが(汗、、、、www
覚えている限り書いてみました。もうこれ1年前
の作品になるんですよね~、早いよ!時の流れが。

そして、
これは作った事のない物に挑戦しようという事で
作ったんですが、今年も挑戦したいものが
あるので、また今年も折り返しですが頑張ろうと思います!


という所でほなな~~~~♪
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://soulart777.blog116.fc2.com/tb.php/142-92520874
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。