-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-01-29 21:12 | カテゴリ:1/72 連山&格納庫~終戦にて~
今回の更新は
タイトルどうり製作記のVol.2になります。
このブログを以前から読んで頂いてる方
は重複する部分があるかと思いますが
SNS上で今回のジオラマを観て、こちらに
足を運んでくださる方もいらっしゃいますので
丁寧に書きたいと思いますのでご了承くださいませ。

前回はプラバン工作の基本的
な所をお見せしたのですが今回はその先の
格納庫本体について書いていきます。


まずは窓から行きます。
スマホ 841
こちらが組み立てた窓です。この窓の
骨組みは前回の様にプラバンを細切りした
ものを使いました。こういう作業が苦手な方は
プラクトラクス、エバーグリーンといった
メーカーから出ている最初から細切りになっている
ものを使うと楽です。
透明の窓はタミヤの0.2クリアープラバン
を使っています。
スマホ 861
こちらも同じように作りますが、上の窓とちょっと
違うタイプのハメ殺しタイプの窓です。

スマホ 820
今回の窓は最初から、古ぼけた雰囲気が
必要でしたので接着の際に流し込みタイプの
接着剤を使い、少し縁取りをはみ出させて
曇った感じを出しています。
スケールや最終的な完成にもにもよりますが
綺麗に接着する際は、エナメルのクリアーや
木工ボンドで接着する事もあります。ですが
強度等使う場所は選びますので、ご注意くださいね。


そしていきなりドーーーン!!!
DSC05054.jpg
前回の鉄骨を作ったものを組み立てたものです。
細かく接着している画像が製作状況上ありません^^;
というのは、このブログを初めてお読み頂く方はご存じ
無いかと思いますが、この製作期間中に倒れてしまい
入院をせざるをえなくなってしまッたのですが
納期はあるので、、かなり困った状況が発生という
初めて心底焦りました。^^;ですが、病院での数日
ですが、材料を友人に持って来てもらい病院で
切りだしや、鉄骨等の簡単な下準備をしていました。
こういう時に本当に人の暖かさや、繋がりに感謝
を感じる事が出来ますね。普段普通に生活をしていると
気がつかない事(体の事、周りの方々を含めた
自分の環境)にきずけた事が今回倒れて良かった事ですね
(倒れるのは良くないですけどね^_^;)

と、、、製作中にあった出来事でしたが話を戻して、、、


DSC05058.jpg
こちらが、上から見た状態です。

難しそうに見えますが、よ~~~く見ると
切りだしたプラ材を資料写真を参考に接着しているだけ。
(規則正しいのでそんなに難しくは無いです。)
最初は確かに、この作業量は途方にくれますが(笑)
地道に作業をしていきます。
今回のこの建物は1つだけ厄介な事があり
組み立て手順があるという事です。この複雑に
入り乱れた骨組みをテキトーに接着していくと
接着出来ない所や組み立て自体が難しく
なる事です。ですので、今回は
そこをよーーく考えて、手順をメモった
手順書を作ってからの製作になりました。

さて、気になる中身の骨組みはどのように?
と思ってらっしゃる方も居ると思いますので、
最後に少し公開致します。

スマホ 130
↑こちらは、この格納庫の大黒柱。
こちらは、L字のプラ棒にプラバンで製作しております。
これは2つほど製作していますが
内側に貼り付けて行くのですが、意外と
面倒くさいストラクチャーでした^^;
スマホ 573
そしてこちらが、横に横断している
トラスです。1mm幅のトラスになるので
高強度瞬着で接着していますが、この状態では強度は
不安ですので、取り扱い注意の危険なストラクチャー
なのですが、組み付けてしまうと、ここが凄いというか
建築設計の凄い所なんですが、組み立てて行くと強度が
上がっていきます。模型製作なので、建築的な知識は
本や、資料写真からのみですが、塗装時等に
どこ持って塗れば良いのだろう~?と思って
いましたが意外とそんな事を気にせず
行けました。それだけ強度が上がるんですね。
模型作ってて改めて、建築の骨組みは
凄いな~と実感しました。


と今回は少し長くなりましたのでここまでです。

では次回は来週の木曜日までにはまた更新したいと
思います!

それでは、ほななな~~~~~♪


#ジオラマ
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://soulart777.blog116.fc2.com/tb.php/154-b4449ab3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。