-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-12-12 08:30 | カテゴリ:赤城 小さな海の一幕
前回の続き

といっても今日は完成写真です。

青空をバックに外でいつものように野外撮影です。
今回は天気の良い日で撮影していますが、雨の日でも
このジオラマだと面白い写真が撮れるかと
思います。また天気と私の時間の都合が合えば
撮影したいと思います。

では、早速行きましょう!

14496320710.jpeg
定番の指との比較です。
このキットと情景がどのくらいのサイズかが
分かるかと思います。

【進撃の赤城 ~時代の海の逝くへ~】
14496320520.jpeg
前からの1枚。

14496320360.jpeg
横からの1枚。

14496321000.jpeg
こちらはバックからの1枚。

14496319780.jpeg

14496321320.jpeg
上面の1枚

14498770780.jpeg


SDながら塗装と、海面をしっかり作った事で
意外と良い雰囲気になったんじゃないかなと
思います。
基本的にはSNSで見ている方もいるとは
思いますが、ブログのみここへ見に来て頂いている方も
いますので掲載しましたが、どうだったでしょうか?
ジオラマの楽しみ方として作る事も1つですが
しっかりと作ったものは撮影も楽しみの1つです。

さてここで本来なら終了で終わるんですが、
前の記事にも書きましたが夜用ギミック!が
あります。先日の記事でアルミ箔を貼った
ベースの内部の写真があったと思いますが
あれは上記↑の写真でも海面の様子の
表現すのに発揮されていますが、実はそれだけでは
ないんです!!




どんな事になっているのかと言うと、、、





↓実際に見て頂きましょう~♪
DSC06745.jpg
海を光らせていました。
まず工作の説明を少し書きます。
先日の記事にあった赤城のの下面部分を
海面に載せた(銀がみが見えている写真)があっと
思いますが、あの状態で赤城の下の部分をくり抜きます。

そして本体の窓の部分を開口します。ピンバイスで
(0.5mmほどの穴です)
それにより下からの光を1つ入れると海が光り
赤城の窓も光、一石二鳥なんです。

で、いつもどうりなら電飾を施していますが
最初の記事にも書きましたが時間がありません。
その中で工作していますし、何よりベースは海面の表現
に最大限使う為に透明度を活かしているので、ベースの中に
配線があったり、電池ボックスがあったりしたらダメなんですね~。
でも光らせたい!、
(というのも、このジオラマはサイズ的にも手ごろで部屋に飾って
インテリアの一部として飾って楽しもうと思っていましたので
間接照明的に使いたかったのです^^)
話をもどして、
という事で超お手軽な方法でしかも
1アイテムで解決す方法が必要なんです。
で、良い物がありました!
それはこの記事の最後にお見せしますので
ここから少しだけ光の海を見てください。

DSC06747.jpg

DSC06762.jpg
横から見ると雰囲気があって
夜の海を連想させます。

DSC06758.jpg

DSC06756 (1)

DSC06760.jpg

DSC06766.jpg
上面は遮光はしていません。
良い感じで光が漏れるので夜
ひっそりと光らせてお酒を楽しむ時に
ちょうど良い明るさがあり良い感じです。

記事も以上になりますが、いかがだったでしょうか?
お手軽ではありますが、楽しめる物が出来ました。
今回は家で飾って楽しむという部分が自分的には
重要な部分でしたので、そこの部分では昼間、
夜ともにどちらも楽しめるものが出来、個人的には
満足なものになりました~♪

さて、先ほどのアイテムですが
これも100均アイテムです^^

14498758150.jpeg

これをコルクボードになっている
下部分を赤城の真下に穴を開けて
このLEDライトが入るぎりぎりで開けると
そのクリアランスで固定できます。
電池交換が必要なんので接着はしません。
下面部分なので取れたりする事は無いので
安心です^^

電飾も慣れれば簡単で楽しいですが、イマイチ
手が出ない、という人もいると思うので
こういった光らせる簡単な作りで光を入れた
作品作りなんてのも良いと思います。
なんせ、100均で買ってきて入れるだけ
超簡単です。


という処で今日はおしまいです。
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://soulart777.blog116.fc2.com/tb.php/178-52ee7212
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。