-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-12-17 09:09 | カテゴリ:1/72 F-14 空母ジオラマ
どもども~♪
船つながりで前回の赤城の記事を挟見ましたが
空母の続きでございます。

Vol.2の記事に書いたとうり
海面の製作記事でございます。

誌面でも少し書いてありますが少し
補足を含めて書いていきます。

DSC06735.jpg

下地です。下スチレンボードをつかっています。
そこにクリアカラーのブルー、グリーンで着色して
いきます。

そうしたら、
シボ加工された薄水色のPPのボードが100均で売っているので
それをベースの縁にあわせて貼りつけます。
その時接着剤はPPがくっつくものを使います。
DSC06742.jpg
で、
モデリングウォーターで基本となる海面を作ってみました。
今回はあんまり使った事ないモデリングウォーターを
使ってみましたが、良いんでないの。とおもいましたが
結構なサイズの広さがあるのでコスパ的にちょっと
よろしくないかと思います^^;
小さい所で使った方が良いですね。
後、これは、乾燥が多少進んでから弄ると
水の流れ等が表現できるので使い方次第では
良い感じです。硬化時間は温度や湿度に左右されるので
あえて書きませんが、気になるかたはやってみて体感してね♪
モデンリングウォーターで検索すると出てくると
思います。アマゾンとかにもあります。

DSC06743.jpg

↑これが赤城でもつかったジェルメディユウムで海面の
波をつくったところです。海面の乾燥前の画像です。
ここで、なんで赤城の記事を挟んだかというと海面の製作
が大きさこそ違えど、ほとんどやっている事は同じです!


で完成です!、、、という画像が欲しいところですが
作品はまだ編集部から帰ってきていないの、後日
この記事に追記します。

とま~こんな感じで、空母を製作しました。誌面で掲載して
あり、記事も載っているので、かなり簡単には書きましたが
実際に脳内&資料による平面作業、
その後の手を動かす実作業とかなり手間取りましたが
何とか形になりました。今年一番の難題でしたね。

撮影上の大きさ制限や製作期間、←それを纏め
撮影した時の事を考えつつ構図等を考えるので
なかなか久しぶりに苦労した作品でした。

主役となるf-14トムキャットは非常に製作しやすく
楽しかったです。流石ファインモールドさん!!
良い仕事してます。
別のバージョンでやりたい事
が幾つかあるので、もう何回か作りたいですね。

と3回に分けて記事を書いてきましたが
戻ってきたら、やはり情景カメラマンwとしては
自分でかっちょ良い写真を撮りたいですね(^-^)

という処で今日はおしまいです。
次回は製作等含めて公開していないジオラマの記事を
少し公開して行こうかと思っております。

今年もあと少しですが今年作ったものなので
なんとか記事を書きたいと思います!

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://soulart777.blog116.fc2.com/tb.php/179-784fa3f8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。